トップページ > 交渉前に知っておきたいこと

引越しにまつわるちょっとした風水

引越しは風水の中でも有名なラッキーアクション。

引越しは家具を全て動かす丁度良い機会です。
上手に活用して幸せな新居生活を手に入れちゃいましょう!

方角別!枕の向き!

  • 北枕
    健康運アップ 財運アップ
    北枕って亡くなった人が向く方角で縁起の悪い方角だと思っていませんか?
    科学的には頭を北に向けて寝ると地球の磁場に逆らわず血行が良くなる為、健康に良いとされています。
    風水においても北枕は、財運がアップして縁起が良いとされてます。
  • 南枕
    健康運ダウン 発想力アップ
    風水的にはあまりお勧めできない方位です。
    この方位で寝るとイライラして怒りっぽくなったり頭が休まらず体調を崩してしまったりするようです。
  • 東枕
    仕事運アップ 行動力アップ
    東は日が昇る方位で、朝日のパワーを吸収できるため、やる気がおきない・朝早く起きれないという人にお勧めです。
  • 西枕
    金運アップ 行動力ダウン
    落ち着きのある方位なのでぐっすり眠れお年寄りにお勧めの方位です。
    特に若い人がこの方位で寝るとやる気がなくなり疲労を感じるようになるようです。

六曜の意味

  • 先勝
    「先んずれば即ち勝つ」の意味。かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。
    万事に急ぐことが良いとされる。「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われる。
  • 友引
    「凶事に友を引く」の意味。かつては「勝負なき日と知るべし」といわれ、勝負事で何事も引分けになる日。
  • 東枕
    仕事運アップ 行動力アップ
    東は日が昇る方位で、朝日のパワーを吸収できるため、やる気がおきない・朝早く起きれないという人にお勧めです。
  • 先負
    「先んずれば即ち負ける」の意味。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
  • 仏滅
    "「仏も滅するような大凶日」の意味。元は「空亡」「虚亡」と言っていたが、これを全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、これに近年になって「佛(仏)」の字が当てられたものである。
    この日は六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。
    字面から仏陀(釈迦)が入滅した(亡くなった)日と解釈されることが多いが、上述のように本来は無関係である。釈迦の死んだ日とされる2月15日が旧暦では必ず仏滅になるのは、偶然そうなっただけである。また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。"
  • 大安
    「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日とされる。何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多い。
  • 赤口
    "陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。六曜の中では唯一名称が変わっていない。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
    この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想される物に注意する日とされる。
    「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われる。"

今まで面倒だった引越し会社へのお見積り依頼が簡単入力で最大8社へ依頼できます。 見積りを依頼する